タイのホームセンター

顧客訪問でちょっと時間があるなあ、どこか休憩するところを、と言うと「タイのホームセンターにご飯を食べたりコーヒーを飲んだりするスペースがあります。」とスタッフ。初めて入ってみました。

 

日本と同じように、広い店内には家を修繕するような道具が所狭しと並んでいました。価格はどれぐらい差があるのか、これは品質如何によって変わりますのでコメントしづらいところですが、品揃えは日本のホームセンターに負けじ劣らじと思います。

DSC_0162[1]

駐車場スペースはかなりとっています。タイらしいのは駐車場に屋根のある所。どんな豪雨でも買い物できますよ、でも有りますし、豪雨の時期ほど家の修繕が必要、ということかもしれません。

郊外型の大規模小売店で展開+モーララーゼーション、と日本が来た道をそのままたどっているタイです。そうすると、今はタイにないものを日本から紹介するとどうなるかというのはある程度結果が予想出来るのでないか、というマーケティング担当者にとっては対処がしやすい土地柄とは一理あるかもしれません。

一方、日本とは全く違う気候、思いもつかない使い方、で予想外の課題が出ることもあります。その時は日本製ならではの細かいカスタマイズを礎にタイマーケットで大受けする改造を加えていただけたらと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です