アセアン地域での国による製品の差異

シンガポール航空でインドネシアへ行ったためチャンギ国際空港の7-11で並んでいるものを見る機会がありました。あ、私の好きな日清カップラーメンシーフード味がある。手に取ってみてみるとタイの工場で製造とのこと。食べ比べしてみたい、と一つ買ってみました。

家に帰ってまずは撮影。

 

タイでは蓋に「麺が美味しいよ」という一言がありそれを強調するように麺を引き出した写真です。シンガポールで売っていたものは麺よりもトッピングが豪華であることを強調していました。

さて開けてみるとそこには、、、具がほとんどなくフォークが転がっているタイバージョン、日本製並にトッピングが豊富で美味しそうなシンガポール分。えええ、同じメーカーさんでも販売地域によってこんなに差があるのか!とビックリしました。

 

味についてはシンガポール版は塩味が濃かったですね。タイ版は塩はそれほどではないけれどもピリッとチリの刺激がありました。価格はタイバージョンが12.5THB=41.47JPYで重量60g、シンガポール製は1.6SGD=40.4THB=134JPYで重量75gと大幅な差が。ソリャアこれだけ価格差があれば具もこんなに違うよね、、とタイ国内での消費者としては価格の違いを理解しながらも納得したくない差異、というところでした。

これからタイかシンガポールを本部にしてアセアンへ進出しようとする方々へこれは「地域によって製品や価格に差異があってもいいのか」という課題に良い回答を与えていると思います。

タイはまず市場がこういう商品に対して価格追求型であることを表現しています。ざっくり3.5倍弱の価格差。シンガポールでは市内で日本のラーメンが1,500-2,000円ほどするとのことなのでこのカップ麺の価格は至って廉価なものなのでしょう。それでそこそこ豪華ならカップ麺も悪くないかな、似たような価格帯の似たようなインスタントなら豪華なものがいいかな、と思わせる内容です。価格はそこそこでも見た目が豪華で味は濃い目であることが大事なようです。シンガポールでラーメンを食べる機会はありませんでしたので何とも言えませんが、タイではラーメンのスープにはほとんど味がないごく薄味であることを考えるとあっさり味にも納得が行きます。

製品内容の差や価格差は様々な事前調査で情報収集し最終的には市場の平均的なところへ落ち着く、というようですが、もしかしたらそれは提供側の勝手な思い込みで市場は「もっと高く手もいいからもっと豪華なものを」を求めているかもしれませんね。特にタイの価格追求型の商品は「安かろう不味かろう」が多いのは否めず、そこでちょっと高くとも美味しく豪華なものを提供するとそれがスタンダードになり廉価製品市場での消費者の奪い合いをしなくてもよいかもしれませんね。

何はともあれ、タイのカップラーメンに幸あれ。

 

Follow me!