2018/01/22メルマガ タイ、情報の読み取れないQRコードが広告に鎮座

タイでもモバイルバンキングが非常に盛んです。スマホで保険の購入を始めいろいろなサービスを受けることができます。

銀行側も、支店の運営、人件費、正社員採用に伴う諸経費などの効率化を目指してモバイルバンキングの露出に力を入れています。

昨日は地場の大型商業銀行が都市高架鉄道1本分全面モバイルバンキングの広告を出している車両に乗りました。

自分の膝から下の位置にあるQRコード。真ん中はドアの開閉口で黒いパッキンゴムがQRコードを貫いています。

これでQRコード読み込めるのか、、、好奇心に駆られさっとスマホを出し、​人目もはばからず​社内で柔軟体操でもしているかのような体勢で読み込みに挑戦。

結果:読み込めませんでした。真ん中にパッキンが通ってるからなのか、柔軟体操姿勢が読み取り角度に不十分だったのか、、。

誰が読み込むためにこんな位置に設定したのか。パッキンが真ん中になんて位置も悪すぎるのではないか。

目的の駅で降りると、同じキャラがオブジェになって置いてありました。

ここでは床に近い箇所でQRコード。意地なのか意地悪なのか、しゃがみこんでQRコードを読み込んでみました。

お、読み込みは反応した、、、けどジャンプしないじゃない。

広告主がどういう意図でQRコードを掲載しているのかわかりませんが、、、。QRコード読み込みで情報展開しています、というだけの告知が意図かも知れませんが、結構な無駄を感じます。

興味がある人がその場でコードを読み込んで情報が取れない、その後忘れて接触しなら設置の意味はないような。タイ人は忘れっぽいと自分たちで言っているのに、お金をかけて忘れられやすいシチュエーション設定をしているのか

広告を見て興味を持つ人がいた場合を想定していないのか。であれば、広告活動の意義そのものは?

など、突っ込みどころ満載ですね。せっかくなら読み込める位置にきちんとジャンプするコードを設置したら、と思います。

しかし笑ってはいられません。日系企業でも担当者任せにするとこんなことも起こってしまうかもしれません。社内のタイ人より「タイ人はどうせ見ないからなんでもいい(リンクできないQRコードでもいい)」という発言があるかもしれませんが、

自社内のタイ人がマーケットの意見や興味ではありません。ここは「広告を出すなら消費者がすぐ活動できる広告を作る」を大前提に、身の回りのタイ人の意見だけで良し悪しの判断をするのは避けたいものですね。

Follow me!