タイ他ASEAN進出に向けた事前調査に関する無料相談

イザヤ 43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。
  • 何から調べたらいいの?
  • 自分ではASEANの言葉で情報収集できない。
  • 情報収集はしたいけど人手や経費を考えると躊躇する。 
イザヤ 43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。

弊社サービスご利用者様の声

鳥取 フクダコーポレーション株式会社・代表取締役社長 福田安孝様

タイに取引先があるため、不定期ながら頻繁に渡航します。事前に調査が必要な時はいつもお願いしています。通常はメールや電話での報告、バンコクにて報告書をもらうこともあります。
当社が関連する業界だけでなく、様々な業界の話も詳しいため、タイの俯瞰的な情報源としても重宝しています。

愛知 株式会社 豊製作所・代表取締役社長 倉知雅休様

当社は製麺機メーカーで、タイへは商社と組んでプロジェクトベースで訪問しています。麺関連市場や新メニューといった動向情報のほか、日系に限らずバンコクで評判の麺類店の訪問や、訪問先の業界内立ち位置といった詳細な情報などを提供してもらっています。特に業界情報はほぼタイ語でしか調べられないものであるため、大変お世話になっております。

ニチモウ株式会社・平林 史彦様

プロジェクトベースでバンコクを訪問しています。事前の調査や現地情報などを折に触れいただいています。競合が採用し製造されている製品などの紹介をしてもらい、それにまつわる業界事情収集の手伝いなどもしてもらっています。メルマガなどで調査業務からみたバンコクミニ情報も楽しんで読んでいます。

食品製造設備技術関連コンサルタント ・富永様

タイ国内の製造業関連の話は詳しいですね。一方、副資材関連の市場やトレンドを知っていたり、移動中にとある事象が顕著なエリアを通ると動向や土地評価の会話など、いろいろネタがあって出張時の会話は結構楽しみです。

イザヤ 43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。
イザヤ 43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。

こんにちは、21世紀初頭からバンコク在住の水野です。タイが後進国から中進国へ移行する変遷の時期をこの目で見てきました。

その成長市場に参入するためにどうしたらいいのか、お悩みを解決してみませんか。

  • 何から始めればいいのか。
  • 自社製品の需要や市況はどうなのか。
  • 法規制や関税などの情報が欲しい。
  • 現地訪問をしたいがどうすればいいのか。

このようなお悩みに、電話やメールで直接無料相談いたします。

 

すべて日本人が日本語で対応

言葉の壁はなくスムーズなやり取りが可能です。

漠然としていてもOK

何も決まっていないけど、、という段階でもお気軽にお声掛けください。

途中で有料になったりしない

お金の心配せず相談、お悩みを解消してください。

イザヤ 43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。

海外進出ご担当者様の苦悩

海外進出を検討していると本当に多くの情報把握と整理が重要になってきます。

規制や関税と言った行政関連、競合や市況と言った営業関連、拠点づくりや雇用と言った運営関連、、、調べれば調べるほど疑問が噴出してきて「暗中模索」という心境かもしれませんね。

「海外担当は初めて」「以前も海外担当はしていたが、全く字が読めなくて情報の取れない国は初めて」と言う方も多いかと思います。

未知が相談で道となることもある

そんな心境の中、現地調査会社と金銭の心配をしないで無料で気軽に質問出来たら、、きっと随分気軽になれるはずです。

考えるほど大きくなる疑問の答えは実は現地ではよくあることなのかもしれません。

現地事情を織り交ぜて話せる誰かと会話することで混沌とした未知の状況に新しい道が生まれるかもしれません。

お電話も無料ツールで

弊社ではスカイプ、Facebookメッセンジャーなど無料国際電話ツールを使っておりますので、インターネットさえできれば電話代の心配もありません。

納得いくまで質疑応答をしていただくため、時間も制限しておりません。

タイに進出するために「自分で調べたけども頭打ちになってしまった事」「この情報は現在でも有効なのか」など、気になることはすべておはなしください。皆様に必要だと思うことはどんどん回答していきます。

途中まで回答してここから有料と言うこともありませんので安心してください。

 

イザヤ 43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。

 

*名前

御社名

*メールアドレス

電話番号

- -

スカイプやFacebookメッセンジャーなど無料ミーティングツールID

相談希望日時

 

*お問い合わせ事項

提示資料がある場合にもまずはこのフォームからご連絡ください。弊社からの連絡に返信する際、資料添付いただけますと幸甚です。

 

お気軽にご連絡ください。

プライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

他のお客様の声

鳥取県 公的組織 Y氏

取引先の1社より「現地情報に強い、アテンドに指名していろいろ聞いてみるととても面白い」と紹介されました。同一の地場産業と共通する点の比較論などは非常に興味深かったです。公的機関の団体出張というと固くなりがちですが、おすすめの果物などを食べながらその背景にある経済や組織についての説明がありました。楽しみながら市場を知りますますタイへの進出に興味がわきました。

在京調査会社経由 ご依頼主製造会社 A様

現地にて生産したい製品があり、サプライヤー選定前段階調査をしました。現地訪問なども含めた、その場にいるような内容が多く記載されており非常に役立ちました。

在京調査会社 M様

当社の強みである不動産および住居関連リサーチをタイで展開することになりました。タイ国内のことはすべて任せ、クライアントと共に現地訪問しました。バンコクの住宅開発状況がよくわかる場所を紹介してもらったり、アテンドや通訳もこまめに動いてくれて助かりました。

インターセクション 代表取締役 内海様

iWBPとは当社の調査業務の一部を協業と言う形で執り行っています。
創業前は日系企業の計部門勤務経験や、メディアでの執筆業務についていたとは知っていましたが、調査報告書を見るとまず数値に関して非常に細かく追及、内容は理論的かつ多くの可能性を含めながらも一定の方向性を表現しています。依頼人に提出すると不明点の指摘などはほぼありません。

イザヤ 43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。
イザヤ 43:19 見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。

経歴:岐阜県出身。
20代の頃は海外添乗員。
30代よりタイへ移住、東証一部上場会社の現地法人・タイJFE商事会社へ入社。前半は営業部に在籍、日商簿記2級合格を機に後方支援部門へ。財務や信用調査などを担当。タイJFE商事会社退職後に数年在バンコク日系メディアにて編集長業務を担当。
40代より2013年にInfinity Wings BP Thailand Co., Ltd.を創業。企業調査業務を事業としている。海外進出を目指す企業様には「とにかく進出ありきでなく、前進と用意周到の双方を実現して失敗のない進出をしてほしい」と願っている。
調査業務と並行し、ネットメディアを活用したオンラインショッピング事業も展開。コンサルティング可能になるまで精度を上げようと日々対応中。

調査後、自分たちで話を進められるようなお手伝いをしたい

「とにかく進出ありき」「良い製品だから市場に出せば売れる」「事前の調査なんて興味がない」と言うのならすぐこのページを閉じてください。

ただ、「気になっている」のならぜひ聞いてください。

私はこれまで在住者として進出日系企業の製品やサービスを享受し、過去に大手日系企業で勤務時に日系企業同士として折衝があり、現在は進出前調査員として多くの進出検討中の企業様と接触しています。

その中で私が願っていることが2つあります。

一つは、「前進と用意周到の双方を実現して失敗のない進出をしてほしい」です。昨今の日本の少子高齢化を大きな理由とする市場縮小によって、「とにかく進出」「調べている時間はない」として海外進出をめざし実行します。

しかし、開業してみると意外と厳しい市場だった、自社製品の投入はまだ早すぎた、売上が立たないのに何となく聞いていた情報よりも固定費出費が嵩張った、などなど、多くの要因によって失意の撤退・解散・閉鎖などが起きます。

前進すること、それはとても大切です。同時に、市場調査や競合調査などを重ねて用意周到に足元を固めて欲しいのです。大いなる飛躍のチャンスである海外進出を是非とも成功させてほしいのです。

もう一つは、「調査後、自分たちで話を進められるようなお手伝いをしたい」です。進出前の企業様ですと現地に拠点もありませんが、拠点のない段階で取引が開始出来て売上が立てられれば先行投資のリスクも軽減出来ます。

何でも現地のコンサルタントが絡んで、というのはコンサルタントの立場でありながら私はよしとしていません。みなさんが自分で自由に活動できることが大事だと思っています。

どうすれば皆様が日本にもどってからタイ国内の取引先とうまく付き合っていけるか、経費を掛けない段階で取引を発生させることが出来るのか。会社や製品によって状況や条件は星の数ほど違いますが、リスクの低いそして自由度の高い進出をお手伝いしたいと思っています。

「まだ方向性も全くまとまっていない」「海外はいろいろわからないことが多い」そんな状態でも遠慮せずお気軽にお問い合わせください。

これまで数多くの進出前調査案件に接してきました。みなさんの今のお立場や状況は他の会社の進出前も全く同じです。

タイ在住日本人で調査業務をしており無料相談できる場というのはあまりないかと思います。ご相談いただきましたら何かしらの提示が出来るよう私も真剣に向き合うつもりです。

それでは、みなさんとお話しできること、楽しみにしています。