食中毒防止

食中毒防止の3大原則

この記事は厚生労働省HACCPを取り入れた食品衛生管理の手引きを参照して作成しています。画像やイラストも同HPより拝借しております。

食中毒菌には「つけない」「増やさない」「やっつける」を心がけましょう。弊社で取り扱っている
バイオ洗浄剤は「増やさない」「やっつける」に対応、
オゾン水/オゾンエアー生成機は「つけない」「増やさない」に対応しています。

菌をつけない

従業員の健康管理を怠らない、調理従事者が適切な手洗いを確実に実施できる体制にする、などが重要です。

手洗い洗剤不要、水道水のランニングコスト範疇での飛躍的な管理向上、これらはオゾン水での手洗いにて可能になります。コスト発生を抑え高い衛生管理を実現します。

原材料の確実な洗浄

衛生管理を怠っている納入業者の見直しはもちろん、調理前洗浄を確実なものにしたいですね。多くの食品現場が次亜での洗浄を行っていますが、食感や風味の劣化が課題です。

オゾン水での洗浄によりにおいやぬめりの除去が可能です。

化学的成分は一切含まないため、風味の劣化の心配はありません。
キャベツの千切りなどはオゾン水での洗浄によってシャキシャキ感がアップします。

増やさない

施設や器具の洗浄、衛生的な作業環境の構築、二次汚染の防止など、作業環境を整えるにはバイオ洗浄剤で有害菌が生きていけない環境を作り出すことをお勧めします。

活性有益菌により、有害菌繁殖や害虫を呼び寄せる元になる不衛生な状態を劇的に改善します。

衛生的な環境を維持する

食品に携わる多くの現場で菌管理者/現場担当者が「しっかり除菌殺菌をしているのに菌が発生する」という課題に直面しています。

その場だけの表面殺菌では他から有害菌が侵入してすぐ元通りになる、
建物が古いというだけで菌はごまんと存在する、
掃除はしているが目に見えない菌には対応できていない、

これらは弊社取扱のバイオ洗浄剤にて「通常の清掃で誰でも簡単に」有害菌が生きていけない環境を作り出すことにより解消することができます。

Follow me!