酸素がない環境が大好きな細菌-ボツリヌス菌

ボツリヌス菌

この記事は厚生労働省HACCPを取り入れた食品衛生管理の手引きを参照して作成しています。画像やイラストも同HPより拝借しております。

食中毒菌には「つけない」「増やさない」「やっつける」を心がけましょう。弊社で取り扱っている
バイオ洗浄剤は「増やさない」「やっつける」に対応、
オゾン水/オゾンエアー生成機は「つけない」「増やさない」に対応しています。

酸素がない環境で増える菌

酸素がない環境にして食品の品質維持をする方法は、日頃の生活でも真空パックやレトルト食品など身近な存在です。密閉してあり菌混入回避や酸化防止など一般的には非常に有効な方法ですが、

酸素のない環境になると増える菌も存在します。対策はパッキング前に混入しないように注意する、に限ります。

代表的なものは ボツリヌス菌や ウエルシュ菌 です。

ボツリヌス菌は生物界最強の毒を出します。昭和生まれの人によく知られている熊本からしレンコン食中毒事件や、最近はハチミツにボツリヌス菌が混入している恐れがあり乳幼児にははちみつを与えないようにする、などその強さは警戒されています。

毒素を経口摂取することで発症し、症状は神経麻痺性疾患です。吐き気、嘔吐、呂律難、ふらつき、呼吸困難、などが起こります。

ボツリヌス菌やウエルシュ菌は混入すると真空パックやレトルトパウチ食品でも生きている場合があります。

酸素のない環境が大好きな細菌、どうすれば混入回避が出来るのでしょうか?

 

有害菌が存在できないようにする

菌を菌で抑制する、とは聞きなれない言葉だと思います。弊社で取り扱っているバイオ洗浄剤は「表面付着する菌の数には限りがある」という性質を利用し、

「存在するすべてを有益菌にすれば有害菌が存在できなくなる」、この環境を作り出す洗浄剤です。

菌は作業台のみならず、床、壁、梁あらゆるところに存在しており、作業台の表面だけ殺菌消毒をしてもすぐ侵入してきます。バイオ洗浄剤を用いて存在する菌をすべて有益菌に置き換える、これにより有害菌が存在できなくなります。

有益菌が生きていけない環境を作り出すクライサル社製品の詳細はこちらから

菌を残留させないオゾン水

レトルトパウチや真空パック等酸素のない環境でも活動するボツリヌス菌の対応方法は「菌を確実に洗浄し残留しないようにする」です。次亜やRO水での洗浄よりも弊社の取り扱っているオゾン水/オゾンエアー生成機が有効です。

弊社のオゾン水/オゾンエアー生成機は水道に直接繋いで生成するため、水道水のランニングコストでオゾン水を使用でき大変経済的です。

オゾンは酸素原子を3つ持ち(O3)ますが、性質上酸素(O2)に戻ろうとします。この分解時に発生する酸素(O)は強力な酸化作用を持っており、この作用によって細菌の細胞壁を直接損傷/破壊/分解、生物の核が外部へ流出する事で死滅します。

また、この働きは菌を核から破壊するため、除菌速度が速く耐性菌もできにくい特徴があります。今までの菌管理者の悩みを一気に解消してくれます。

有害菌を死滅させるオゾン水/オゾンエアー生成機の詳細はこちらから

Follow me!