酸素が薄い環境が大好きな細菌-カンピロバクター

カンピロバクター

この記事は厚生労働省HACCPを取り入れた食品衛生管理の手引きを参照して作成しています。画像やイラストも同HPより拝借しております。

食中毒菌には「つけない」「増やさない」「やっつける」を心がけましょう。弊社で取り扱っている
バイオ洗浄剤は「増やさない」「やっつける」に対応、
オゾン水/オゾンエアー生成機は「つけない」「増やさない」に対応しています。

酸素が薄い環境が大好きな細菌

有害菌も含め、通常は「酸素がないと生きていけない」は生き物の共通項ですが、有害菌の中には酸素が少ない環境を好む細菌がいます。

カンピロバクターはその一つで、乾燥や熱に弱いのですが、
人や動物の腸管内のみで増殖、つまり内臓という酸素がない環境で増殖し、
接触する可能性のある食材や器具に付着する可能性があり、
酸素が少ない環境が再現されると増殖します。

例として洗浄が足らなかったボールやバットなどの調理器具を積み重ねた隙間、洗浄不足のまま積み上げられた食材の隙間などです。

下痢、腹痛、発熱、嘔吐ほかよく言う「食あたり」と言う症状が起きます。

食材の洗浄については次亜での洗浄が消毒殺菌効果またコスト面からも採用されることが多いのですが、独特のにおいが残る、食材の脱臭効果は期待できない、などが課題です。

次亜は金属製の物を腐食させる働きがあるので調理器具の洗浄には使えません。

酸素が薄い環境を好む細菌、どうすれば混入回避が出来るのでしょうか?

 

オゾン水での食材洗浄

食材の味や風味を損なわずに洗浄、しかも水道水のランニングコストで対応出来るオゾン水/オゾンエアー生成機は通常の水道水やRO水などにはない消臭殺菌効果を期待できます。

オゾンは酸素原子を3つ持ち(O3)ますが、性質上酸素(O2)に戻ろうとします。この分解時に発生する酸素(O)は強力な酸化作用を持っており、この作用によって細菌の細胞壁を直接損傷/破壊/分解、生物の核が外部へ流出する子で死滅します。

この作用によって
次亜を使わないので味や風味を損なわず、
細菌を確実に死滅させ、
器具の洗浄も可
となります。

ポータブルタイプならあらゆる場所で使えます

オゾン水/オゾンエアー生成機には固定式と可動式があります。可動式であれば作業員の手洗い、食材の洗浄室、器具洗浄室、作業台や床の掃除、とあらゆる場面でマルチに使うことが出来ます。

水道水のランニングコストで得られる大きな安心、オゾン水/オゾンエアー生成機の導入をぜひご検討ください。

有害菌を死滅させるオゾン水/オゾンエアー生成機の詳細はこちらから

Follow me!