施設の衛生・清掃

ヌメリによる事故発生

この記事は
厚生労働省HACCPを取り入れた食品衛生管理の手引き
を参照して作成しています。画像やイラストも同HPよりお借りしております。

食中毒菌には「つけない」「増やさない」「やっつける」を心がけましょう。弊社で取り扱っている
バイオ洗浄剤は「増やさない」「やっつける」に対応、
オゾン水/オゾンエアー生成機は「つけない」「増やさない」に対応しています。

床の清掃精度を上げるには

日々洗剤を使用し清掃を行っているのに、床や側溝に発生するヌメリにお悩みの方は多いのではないでしょうか。床はヌメリの発生しにくい素材で衛生を保てていても、側溝の中のヌメリを日々清掃することはほとんどないかと思います。

この側溝にたまったヌメリが餌となって菌やウイルスを運ぶ微生物や害虫をおびき寄せ、場内を動き回って事故の原因を作ります。

日々の掃除が難しい箇所にも、簡単で確実な清掃を施すにはどうしたらよいのでしょうか。

ヌメリの原因をオゾン水で解消

ヌメリの多くは黒カビが原因です。カビは適温、適湿度、栄養があると発生します。黒カビは水周りを好み一度発生すると低温や乾燥状態であっても生息します。

そして奥深く菌糸が入り込んで繁殖するので一度発生すると頑固で落としにくいカビです。せっかく殺菌しても表面だけの殺菌であれば奥深くに根を張った菌は生きておりすぐに再発。このいたちごっごを実際に体験している人も多いのではないでしょうか。

弊社が取り扱っているオゾン水生成機は強力な酸化作用でこのしつこいカビを確実に死滅させます。

一般的な殺菌剤は菌の細胞壁を破壊することができず、その場から除菌はできても菌は残って生きており効果は一時的です。

オゾンは酸素原子を3つ持ち(O3)ますが、性質上酸素(O2)に戻ろうとします。この分解時に発生する酸素(O)は強力な酸化作用を持っており、この作用によって細菌の細胞壁を直接損傷/破壊/分解、生物の核が外部へ流出する事で死滅します。

この働きは菌を核から破壊するため、除菌速度が速く耐性菌もできにくい特徴があります。

有害菌を死滅させるオゾン水/オゾンエアー生成機の詳細はこちらから

有害菌の生きていけない環境を作り出す洗浄剤

有害なカビを除去した後は、有害な状況にならないようにすることが大切です。

菌は目には見えませんが表面付着菌、空中浮揚菌、有益菌、有害菌、とさまざまな菌があります。その面積や空間に菌が生息できる数というのはある程度決まっており、空間全体を有益菌のみで保てば有害菌は存在できなくなります。

有益菌とは人間が古来から共存してきた菌ですね。身近なところでは味噌やヨーグルトなど発酵食品として存在しています。

弊社で取り扱っているバイオ洗浄剤はこの有益菌を複数含んでいます。

バイオ洗浄剤に含まれているプロバイオティクスが酵素を生成し有機物を分解、プロバイオティクスがそれを餌として消費し増殖。表面付着菌の菌数はある程度決まっているため、有益菌を増殖させれば有害菌は生きていけない環境になります。

使うだけで有害菌を分解し有益菌を増殖させて有益菌が生きていけない環境を作り出すクライサル社製品の詳細はこちらから

Follow me!