冷蔵庫内の掃除

冷蔵庫の掃除

この記事は
厚生労働省HACCPを取り入れた食品衛生管理の手引き
を参照して作成しています。画像やイラストも同HPよりお借りしております。

食中毒菌には「つけない」「増やさない」「やっつける」を心がけましょう。弊社で取り扱っている
バイオ洗浄剤は「増やさない」「やっつける」に対応、
オゾン水/オゾンエアー生成機は「つけない」「増やさない」に対応しています。

拭き掃除と平行して燻蒸を

冷蔵庫の掃除と言うと庫内整頓、アルコール殺菌、からぶき、辺りが最も一般的な対応かと思います。

「冷蔵庫に入れて置けば腐らない、大丈夫」と思いがちです。確かに冷蔵は多く食材の劣化遅延や細菌を死滅させるに有効な手段ですが、中には低温でも増える細菌もあります。

また、作業途中で食材を積み重ねて保存したその隙間で活動する酸素が薄い環境が大好きな細菌もあります。冷蔵庫内も酸素が少ない環境です。汚染された食材をそのまま冷蔵庫に入れると冷蔵庫で細菌が発生し庫内が汚染されます。

冷蔵庫の中の菌、どのように対処すれば更なる安心が得られるのでしょうか?

庫内を燻蒸する

低温で生きる、酸素の少ない場所を好む、など一般的な菌とは異なる環境を好む菌にはオゾンエアーでの燻蒸がお勧めです。

食品工場や飲食店には通常複数の冷蔵庫があるため、場内を燻蒸する際にいくつかの中を空にしてドアを開放。冷蔵庫内も同時に燻蒸することで菌を確実に死滅させることが出来ます。

オゾンは酸素原子を3つ持ち(O3)ますが、性質上酸素(O2)に戻ろうとします。この分解時に発生する酸素(O)は強力な酸化作用を持っており、この作用によって細菌の細胞壁を直接損傷/破壊/分解、生物の核が外部へ流出する子で死滅します。

オゾンは気体ですので、庫内の複雑な形状の箇所にもすんなり入り燻蒸殺菌が可能です。残留物なし、化学物質を一切使わない、人体に無害なので冷蔵庫内でも安心して使えます。

有害菌を死滅させるオゾン水/オゾンエアー生成機の詳細はこちらから

 

オゾン水で食材を確実に洗浄

人間が食材に触れて加工する以上、人に運ばれて付着する菌人が原因のウイルスの付着は可能性があります。万が一、完全オートメーションで人間の手を介さなくとも、設備器具の洗浄不足で菌が存在している可能性は否定できません。

オゾン水による食材および設備器具の確実な洗浄で事故を防ぎましょう。

オゾン水は食材の味や風味を損なわずに洗浄および殺菌できます。水道水のランニングコストで対応出来るオゾン水生成機は通常の水道水やRO水などにはない消臭効果も期待できます。

オゾンは酸素原子を3つ持ち(O3)ますが、性質上酸素(O2)に戻ろうとします。この分解時に発生する酸素(O)は強力な酸化作用を持っており、この作用によって細菌の細胞壁を直接損傷/破壊/分解、生物の核が外部へ流出する子で死滅します。

この作用によって
次亜を使わないので味や風味を損なわず、
細菌を確実に死滅させ、
器具の洗浄も可
となります。

オゾン水による設備器具の確実な洗浄

水道水のランニングコストで対応出来るオゾン水生成機は水道水から直接オゾン水を作るため、気兼ねなく設備洗浄にもたっぷりしっかり使うことが出来ます。

オゾンは酸素原子を3つ持ち(O3)ますが、性質上酸素(O2)に戻ろうとします。この分解時に発生する酸素(O)は強力な酸化作用を持っており、この作用によって細菌の細胞壁を直接損傷/破壊/分解、生物の核が外部へ流出する子で死滅します。

手が届かない箇所でもオゾン水でしっかり洗浄できるため、今まで以上の菌管理が可能です。

ポータブル型ならあらゆる場面で使えます

オゾン水生成機には据え付け型と持ち運び型があります。持ち運び型なら作業者の手洗い、食材の洗浄、設備器具の洗浄、トイレなど菌が発生しやすい場所の掃除など、どこにでも移動して使えます。

水道水のランニングコストで得られる大きな安心、オゾン水生成機の導入をぜひご検討ください。

有害菌を死滅させるオゾン水/オゾンエアー生成機の詳細はこちらから

Follow me!