ゴキブリ、ネズミを忌避する方法

害虫忌避

この記事は
厚生労働省HACCPを取り入れた食品衛生管理の手引き
を参照して作成しています。画像やイラストも同HPよりお借りしております。

食中毒菌には「つけない」「増やさない」「やっつける」を心がけましょう。弊社で取り扱っている
バイオ洗浄剤は「増やさない」「やっつける」に対応、
オゾン水/オゾンエアー生成機は「つけない」「増やさない」に対応しています。

経年劣化した建物に多い理由

建物が古いと害虫に悩まされる、定期的なペストコントロールは欠かせない、ということも多いでしょう。そしてその害虫が様々な菌やウイルスを運び大きな問題が発生します。

建物が古いと害虫が多い理由としては、長年積もった有機物が現在の清掃方法では完全に除去できず、その有機物を餌として害虫がその箇所を好んで集まって来る、と言うことが挙げられます。

「化学的な洗浄剤でしっかり洗浄しているのになぜ減らないのか」という堂々巡りの中にいる人も多いかもしれません。

有機物を分解する洗浄剤

弊社で取り扱っているバイオ洗浄剤は洗浄剤の中に含む有益菌が酵素を生成、酵素によって有機物を分解します。プロバイオティクスが分解された有機物を餌として消費。有機物が消え害虫の餌がなくなります。

酵素による分解なので、人間の手で擦ったり拭ったりする必要はありません。つまり、人間の手の届かない箇所の有機物をしっかり除去できる洗浄剤です。

使い方は簡単。バイオ洗浄剤を使用し通常の清掃を今までと同じ装備で行うだけです。側溝やパイプの中などは洗い流したバイオ洗浄剤がそのまま働くため、特別な手間は発生しません。通常の清掃作業の質が飛躍的に向上します。

洗浄剤に含まれる有益菌は古来より人間と共存してきた人間にとって有益な菌につき、通常の作業装備で使用可能、作業員の健康および環境を一切害しません。

化学的な殺菌剤は一切入っていませんので人にも環境にも優しい洗浄剤です。有益菌が生きていけない環境を作り出すクライサル社製品の詳細はこちらから

長年のぬめりの悩みを解消するオゾン水

何をしても取れない床のぬめり、これも害虫をおびき寄せるえさとなります。しかし「化学的な洗剤で洗浄してもどうしても取れない」とお悩みの方も多いと思います。

弊社で取り扱っているオゾン水生成機は水道水のランニングコストでオゾン水を生成、機材や床の洗浄などに惜しみなくたっぷり使えます。

オゾンは酸素原子を3つ持ち(O3)ますが、性質上酸素(O2)に戻ろうとします。この分解時に発生する酸素(O)は強力な酸化作用を持っており、この作用によって細菌の細胞壁を直接損傷/破壊/分解、生物の核が外部へ流出する事で死滅します。

この働きは菌を核から破壊するため、除菌速度が速く耐性菌もできにくい特徴があります。今までの菌管理者の悩みを一気に解消してくれます。

有害菌を死滅させるオゾン水/オゾンエアー生成機の詳細はこちらから

Follow me!