食品毎のリスク対策-豚肉

豚肉

この記事は
アイセイ薬局ヘルスグラフィックマガジンVol.40食中毒特集
を参照して作成しています。画像やイラストも同HPよりお借りしている場合があります。

食中毒菌には「つけない」「増やさない」「やっつける」を心がけましょう。弊社で取り扱っている
バイオ洗浄剤は「増やさない」「やっつける」に対応、
オゾン水/オゾンエアー生成機は「つけない」「増やさない」に対応しています。

外部からの菌付着に気を付ける

肉類の中ではリスクは比較的低めですが、ウエルシュ菌などの汚染リスクがあります。必ず肉の中心部まで十分な加熱をすることが予防対策となります。

肉類は水で洗う必要はありませんが、汚染の可能性のある場合は菌を死滅させる強力な酸化作用を持つオゾン水での対応がお勧めです。

ウエルシュ菌など外部からの菌付着がリスクとなるため、作業場を有害菌が生きていけない環境にすることが大切です。弊社で取り扱っているバイオ洗浄剤は、菌は有益菌/有害菌双方で存在しており表面に存在できる数は限りがある、という性質を応用し「ならば、すべてを有益菌にすれば有害菌が存在できなくなるのでは?」と逆転の発想から生まれた洗浄剤です。

有益菌は古来から人間と共存してきました。「発酵食品」として私たちの身近に存在する物です。洗浄剤に含まれる有益菌が酵素を生成、その酵素によって有機物(有害菌、埃、ぬめり他)を餌として消費し衛生環境を飛躍的に向上させ有益菌が増殖し有害菌が生きていけない環境を作ります。

Follow me!