食材毎のリスク対策-鶏肉

鶏肉

この記事は
アイセイ薬局ヘルスグラフィックマガジンVol.40食中毒特集
を参照して作成しています。画像やイラストも同HPよりお借りしている場合があります。

食中毒菌には「つけない」「増やさない」「やっつける」を心がけましょう。弊社で取り扱っている
バイオ洗浄剤は「増やさない」「やっつける」に対応、
オゾン水/オゾンエアー生成機は「つけない」「増やさない」に対応しています。

最も汚染リスクの高い食材

もっと汚染リスクの高い食品で、食中毒の原因となった場合カンピロバクターが高い確率で検出でされます。加工工程としては最後に加工する食材とすることが望ましいですね。衛生的な環境でカットしパッキングされた食材を包装から取り出し直接加熱、などもリスク低減となります。

カンピロバクターは肉の内部に入り込む性質があるので、生や半生(表面あぶりのみ)でなく中心部まで十分な加熱を行うことが望ましいとされています。

健康な家禽類であっても腸管内で食中毒菌を保有している場合があります。十分な加熱で食中毒を回避することは可能ですが、加工した設備器具に菌が付いていた場合に二次災害が発生する恐れがあります。

残留菌が残らないように更に確実に、しかし現在と同じまたは人の負担を減らす、設備器具類の洗浄を向上させるオゾン水の導入をご検討ください。

Follow me!