におう空間に危機感があるなら

「空間ににおいが籠っている。衛生的な感じはしないが対応手法がない」
「この場所に入ると目に刺激がありしょぼつく。何が原因なのか」
「消毒すると風味風合い他品質が低下するがやらざるを得ない」

など、今の衛生管理で見えない壁を感じていますか?

 

オゾン水とオゾンエアーで衛生面を更に強化

ozone_deodorant_mini_200-30
ozone_fresh_100_200-300pix
ozone_fresh_g500_200-300pix
ozone_fresh_mini_200-300pix
twin60psa_200-300pix
twin30-60_200-300pux
previous arrow
next arrow

オゾン脱臭シリーズ・オゾン水脱臭除菌洗浄機をご紹介します。

オゾン水は水道水のランニングコストであらゆる洗浄/清掃作業の質を大幅に向上させます。オゾンエアーは脱臭/空中浮遊菌除去に強力に作用し清浄で安全な空間を保持します。

オゾンの性質を利用し残留性ゼロの脱臭および除菌、人にも自然にも優しい安心・安全をお届けします。

オゾンならではの脱臭・除菌効果と安全性

オゾンって何?

優れた脱臭・除菌力を持ち、安全で環境に優しい物質です。

地上25kmあたりに存在し、紫外線から私たちを守ってくれるオゾン層。

オゾンとは3つの酸素原子から成る気体物質のことで、上空を漂う酸素分子(O2)が、紫外線によって分解されて酸素原子(O)となり、ほかの酸素分子と結合することでオゾン(O3)が形成されます。

オゾンには酸素に戻ろうとする性質があり、放出された酸素原子は、周囲のいろいろな物質と酸化反応を起こします。

異臭物質や有害な細菌と反応することで、脱臭効果や除菌などさまざまな効果を発揮します。

しかも残留性がないため、環境に優しいクリーンな物質といえます。

オゾンの特性・効果

強力な酸化力が5つの効果をもたらします。

1. 脱臭

においの元に直接オゾン水を使うことで、大きな脱臭効果があります。

2. 除菌

オゾン水により短期間で除菌し、長時間腐敗を抑えます。

3. 浮遊菌の除菌

オゾンエアーにより作業所内の空中浮遊菌を除菌すると共に脱臭もします。

4. カビ・ヌメリ取り

オゾン水により、カビの菌を除菌しカビ取り・ヌメリ取りが簡単にできます。

5. 害虫忌避

オゾン水とオゾンエアーを十分に使うことにより、害虫が寄りにくい清潔な環境を作ります。

オゾン効果の特異なメカニズム1

脱臭効果です。

食品が腐敗することで発生する臭気は、食品自身が持つ酵素による自己分解と微生物によるたんぱく質の分解過程で発生するアミン類・アンモニア・硫化物などが主な原因です。

オゾンを水に溶かしたオゾン水はこの3工程を通して強力に脱臭します。

 

1. 臭気物質の洗浄
2. 微生物の除菌
3. 臭気物質の酸化分解

実験・実証1

オゾン水による脱臭効果の試験(当社調べ)

試験条件

  1. 魚肉の絞り汁をシャーレ上に置き、60℃の容器内で放置し腐敗臭を作った。
  2. 腐敗臭を発するシャーレを水道水で2回すすぎ洗い、洗浄後のシャーレを再び60℃の容器内で放置し、細菌数と臭気強度の変化を測定した。
  3. 同様にして、腐敗臭を発するシャーレをオゾン水ですすぎ洗い、洗浄後のシャーレを60℃の容器内で放置し、細菌数と臭度強度の変化を測定し、両者を比較した。

効果

  1. オゾン水は水道水に比べて除菌力が高い。
  2. オゾン水で除菌するため、繁殖が抑えられ脱臭効果が長続きする。

臭気評価法/6段階臭気強度表示法

臭気強度 内容
0 無臭
1 やっと感知できる臭い
2 何の臭いであるかわかる弱い臭い
3 楽に感知できる臭い
4 強い臭い
5 強烈な臭い

日本国内の悪臭防止法に基づく強度表示

オゾン効果の特異なメカニズム2

除菌です。

塩素の場合、細菌の細胞表層(壁と膜)を素通りし細胞内の酵素のみを破壊することで除菌するのに対し、

オゾンは分解時に発生する酸素(O) の強力な酸化作用によって細菌の細胞壁を直接損傷・破壊・分解し、細胞内成分が溶け出すことで死滅させ除菌します。

そのため除菌速度が速く、また耐性菌もできにくいとされています。

実験・実証2

オゾンによる除菌の仕組み

分解時に発生する酸素の強力な酸化作用で細菌細胞壁を直接損傷・破壊・分解。

核が溶け出すことで菌を死滅させ除菌します。

除菌速度が速く耐性菌も出来にくい点が従来品との大きな違いです。

手指検査

実務作業者の手洗いをオゾン水で実施、手の除菌においても、オゾン水は目覚しい効果を実証しています。

手指の様々な細菌に対し、オゾン水は0-4%以内のレベルまで除菌効果を示しました。

 

オゾン水の除菌効果

シャーレでの培養実験でも除菌効果が確認できました。

オゾン水の動物安全性確認

マウスやハムスターにより、オゾン水を「飲んだ場合」「うがいをした場合」「傷口にふれた場合」「手洗いした場合」を想定して実験を実施しています。

ただし、人体についての飲料試験は実施しておりませんので、オゾン水を飲まないでください。

オゾン水の目や皮膚への影響

動物を用いた安全性確認(日本食品分析センター)

想定行為 試験項目 結果
継続的に飲んだ場合 反復傾向投与試験(マウス) 問題なし
うがいをした場合 口腔粘膜刺激性試験(ハムスター) 問題なし
傷口に対する影響 コロニー形成阻害試験 問題なし

 

皮膚刺激モニター試験(社内モニター)

皮膚に対する影響 社内モニター試験(24名、3ヶ月) 問題なし

 

幅広い現場でクリーンに活躍!

istockphoto-486476129-612x612_200-300pix
istockphoto-116377884-612x612_200-300pix
Cheering crowd at a concert
depositphotos_47106619-stock-photo-businessman-at-the-airport_200-300pix
High-pressure water hose for cleaning a food processing machine in a factory
previous arrow
next arrow

オゾンはあらゆる場面において低コストで安全簡単に衛生管理を飛躍的に向上出来ます。

食品加工現場ではオゾン水での食材洗浄による安全とおいしさの向上、また、器具設備の洗浄をし食中毒や菌発生を未然に防ぎます。

災害現場では隊員の健康を守り活動に不可欠な器具設備の衛生を確保します。

不特定多数の人が多く集まる場所の衛生管理もオゾンなら低コストで楽々管理可能です。

食品工場の菌管理/脱臭が劇的に変わる

食品加工現場での確かな脱臭・除菌効果

「食品の安全性」が問われている時代。生産者はもちろん、加工業者もお客様の安全のために万全な対策をとることが重要とされています。

これまでも除菌、脱臭、食品の保存などで活用されてきたオゾンですが、いまや食品や水産加工などの生産ラインをはじめとして、公共施設などでも積極的に利用されています。

オゾン水、オゾンエアーの高い脱臭・除菌効果を利用し、さらなる衛生面の強化をおすすめします。

実務作業者の衛生向上

徹底した衛生管理の下安全で新鮮な料理を提供します。

残留性がなく安全性の高いオゾンを使用し、厨房の衛生面をトータルで管理。手洗いから食材・調理器具の洗浄、床面、側溝の清掃などに幅広く活用できます。除菌や脱臭効果もあるため、鮮魚類の独特の臭みも気になりません。

水道水のランニングコストで衛生管理

水道水感覚のオゾン水で厨房・トイレの衛生面を強化し病院・施設内の人々に安心・快適な生活を送ってもらうため衛生環境面での向上を目指します。

中でもオゾンを使った厨房内の脱臭・カビ・ヌメリとりや、施設内のトイレ洗浄にもオゾン水を取り入れて脱臭します。

オゾン水用シンクで洗浄、厨房での調理・清潔にオゾン水を使用し更なる安全向上を目指します。

トイレ洗浄、便器や排水溝を徹底的に洗浄し衛生保全に努めます。

確実な洗浄による安全・衛生管理

お客様に安全でおいしい料理を提供するためにも、調理場の衛生管理は重要です。

また、食材の洗浄にオゾン水をうまく使用することによって鮮度を長く保つことも可能です。

食器や調理器具類の洗浄・除菌、除菌と共にヌメリがとれ作業環境が快適になります。

野菜類の洗浄、次亜での処理後、オゾン水を流しながら洗うことにより、キャベツのしゃきしゃき感がアップ。(オゾンは食品添加物認定済み)

設備器具からの二次汚染を防止

フレッシュな食材を快適な作業環境で加工できます。

精肉や魚介類などの生鮮食品を大量に扱っている食品・水産加工工場では、様々な臭いやカビやヌメリなどが発生しやすい環境となります。しかし、オゾンを使用することでトータル的な衛生管理が可能です。

食品加工機器類の除菌はオゾン水で自動洗浄、二次汚染対策が可能です。

装置や器具をいつもクリーンに、洗浄・除菌から床洗浄までオゾン水が活躍します。

オゾン水で場内清浄を維持

床清掃や拭き上げ作業にもオゾン水が大活躍しています。オゾンは薬品とは異なるため、安全性が高く目に見えない危険も回避でき好評です。

側溝やごみ置き場の衛生管理が飛躍的に向上

いやなにおいが消滅、厨房内や生ごみ置き場の洗浄・脱臭に。脱臭効果が高くいやなにおいが水道水と同等のランニングコストで楽々消滅。

カビ・ヌメリの除去、床や側溝のカビとヌメリの除去が可能。長年の悩みの種だった床のヌメリをすっきり除去出来ます。

災害現場の衛生と健康もオゾンで守ります

作業服の燻蒸

作業中についたにおいや災害現場で発生する未知の病原菌を除去します。

救急隊員のうがいやシャワー

オゾン水でうがいやシャワー、全身の除菌が可能です。

車両の燻蒸

車両など大型設備の燻蒸も可能です。

仮設トイレの衛生向上

仮設のトイレやシャワー室など、衛生管理が後回しになる箇所もオゾンなら通常の作業で飛躍的な衛生向上が可能です。

病院や多くの人が集まる場所の衛生管理

厳格な衛生管理が求められる場所

病院や介護施設など、厳格な衛生管理を必要とする場所もオゾンで楽々管理が出来ます。

大人数が密集する場所の衛生管理に

コンサート会場や学校など大人数が密集する場所の空気感染防止などもオゾンで可能です。

公共交通機関施設にも

多くの人が行き交う公共交通機関は空気感染および接触感染双方の可能性があり、衛生管理を強化したい場所です。

オゾンは手軽にその両方を実現します。

オゾン脱臭ツインシリーズ

幅広い現場でワイド&クリーンに活躍!

1. オゾン水&オゾンエアーのツインパワーで効果抜群
昼はオゾン水の強力な脱臭・除菌パワーで作業工程をクリーンに。床はもちろん器具・食材も直接洗浄OK。カビ・ヌメリ取りなどにも効果を発揮。夜はオゾンエアーが空中浮遊菌や臭いまで脱臭します。

2. ローコストで経済的
使用するのは水道水と電気だけ。薬品など一切使わず、水道水から直接オゾン水を作るので大変経済的です。

3. タイマーで自動運転
マイコン制御で人のいない夜間に自動でスイッチが入り、オゾンエアーを噴出します。

オゾン脱臭ポータブルシリーズ

軽量でスペースを選ばず、誰でも手軽にオゾン水洗浄

  1. 小規模施設では小型軽量タイプがおすすめです。
  2. 簡単に移動できるので1台で複数個所の対処が可能です。
  3. 調理、生ごみ室、トイレなどの衛生管理向上をサポートします。

 

オゾフレッシュ シリーズ

水を使用できない場所の除菌・脱臭

  1. 水が使えないところもクリーンに
    ドライ化された厨房や客席など、水で洗浄できない場所も、オゾンエアーを吹出しすることで床や壁面を濡らすことなく手軽に脱臭・除菌できます。
  2. 夜間に強力脱臭・除菌
    昼間は人に害のない低濃度オゾンで脱臭し、人がいない夜間には高濃度オゾン燻蒸により強力脱臭・除菌できます。
  3. プラス効果
    すでにオゾン水、電解水、などの機能水を導入しているところにもプラス効果!においが気になるトイレなどにも最適!水道水を使って洗浄している厨房や生ごみ室などでも、オゾンエアーを吹出しするすることで、空中浮遊菌の除菌や部屋全体の脱臭ができます。また、トイレなどは使用時間帯によりオゾン吹出し量を調整することで、24時間脱臭・除菌できます。

製品リスト

Twin30/60

Twin30 Twin60
オゾン水の蛇口数 3 6
オゾンエアーの噴出し口数 6 4-15
オゾンエアーの利用スペース 700m2 1400m2
外形寸法 460(l)*640(h)*220(w)mm 920(l)*640(h)*220(w)mm
重量 17kg 18kg
電源 AC100V(50/60Hz) AC100V(50/60Hz)
消費電力 150W(Max:250W) 190W(Max:290W)
オゾン水量 30l/m 60l/m
オゾン水濃度 0.4-0.8mg/l 0.4-0.8mg/l
使用水圧範囲 0.1-0.5Mpa 0.1-0.5Mpa
オゾンエアー吹出し量 1000mg/h 2000mg/h

Twin60PSA

オゾン水の蛇口数 6
オゾンエアーの噴出し口数 4-15
オゾンエアーの利用スペース 1400m2
外形寸法 :ガスユニット 430(l)*600(h)*200(w)mm
外形寸法 :ウオーターユニット 310(l)*600(h)*200(w)mm
重量 :ガスユニット 21kg
重量 :ウオーターユニット 11.5kg
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 250W
オゾン水量 8-60l/m
オゾン水濃度 0.8±0.2mg/l
使用水圧範囲 0.1-0.5Mpa
オゾンエアー吹出し量 2000mg/h

 

付加機能
オゾン水濃度表示、水圧表示、水量表示

最大水量は水圧・配管によって変化します。また、最大水量を超えると、オゾン水濃度が下がる場合があります。

Ozone Deodorant mini II G

東京消防庁ご採用品 / 消防署・災害現場にて救急隊員の手洗い・うがい、車両・装備品の脱臭除菌、緊急災害時の仮設トイレ・風呂の脱臭・除菌をサポートしています。

外形寸法(本体) 370(l)*400(h)*230(w)mm
重量 8kg
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 300W
オゾン水量 4-12l/m
オゾン水濃度 0.4-0.8mg/l
使用水圧範囲 0.1-0.5Mpa

水量4L/m以下の場合はオゾンは発生しません。12L/mを超えるとオゾン濃度が下がる場合があります。気温25度、水温20度の場合を表示してあります。

Ozone Deodorizing handy 8

外形寸法(本体) 290(l)*370(h)*195(w)mm
重量 5.8kg
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 45W
オゾン水量 4-8l/m
オゾン水濃度 0.4-0.8mg/l
使用水圧範囲 0.1-0.5Mpa

水量4L/m以下の場合はオゾンは発生しません。12L/mを超えるとオゾン濃度が下がる場合があります。気温25度、水温20度の場合を表示してあります。

Ozone Fresh 100

外形寸法(本体) 430(l)*430(h)*200(w)mm
オゾン発生量:燻蒸時 1000mg/h、500mg/h 切替え
オゾン発生量:低濃度時 4mg/h-200mg/h 16段階切替
吹出風量 20l/m
吹出口数 15
対応部屋の広さ 700m2
機能: エラー表示、部品交換表示、外部出力(エラー信号、燻蒸信号)、外部コントロール(吹出しON/OFF)
重量 11kg
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 150W(燻蒸+再生時)、30W(低濃度時)

Ozone Fresh G500

型式 OG46GT-D/OG46GT-K
オゾン発生量 50/100/300/500mg/h
オゾン発生時風量 0.21m3/m
吹出口濃度 1.9/3.7/11.5/18.5ppm 20℃60%RH
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 35W
外形寸法(本体) 317(l)*212(h)*165(w)mm
重量 4.5kg
タイマー 24h timer
推奨範囲の広さ Max:160m3,Indoor
使用温湿度範囲 0-40℃

Ozone Fresh Mini

型式 OG42GT
電源 automobile battery 24V(12V)
定格入力電圧 DC24V(12V)
定格入力電流 DC0.3V(0.5A)
脱臭方式 オゾン・白金酸化触媒併用脱臭
使用温度範囲 -10℃-60℃
風量 300l/m
重量 0.8kg

オゾン使用上についての知識とお願い

オゾンはその酸化力と残留性の無さから、地球環境にやさしい優れた性質を持っていますが、一方で間違った使い方をすると、設備機器や人体へ影響を及ぼす可能性があります。当社では数々の実績により、その安全使用の確認をしておりますが、下記をお読みになり、正しい使い方をしてください。

作業環境におけるオゾン濃度

  1. 作業環境におけるオゾン濃度
    0.1ppm以下(1日8時間、週40時間の軽労働に従事)日本産業衛生学会勧告値
  2. オゾンエアー吹出し中の入室禁止
    オゾンエアー噴出し中はオゾン許容濃度を超えますので、必ず人がいないことを確認して使用してください。また、吹出し終了後2時間は入室しないでください。
  3. オゾン水からの揮散ガス
    オゾン水からは若干のオゾンガスの揮散があります。このため狭い部屋や締め切った部屋で長時間使用するとオゾン濃度があがる可能性がありますので必ず喚起などの対策を行ってください。
  4. オゾンの機器・設備に対する影響
    一般的な厨房用品へのオゾンの影響を当社で実験しましたが、オゾン水使用による著しい劣化・腐食の促進は見られませんでした。ただし、オゾンエアー噴出し口のそばにある天然ゴムやイソプレンゴムなどのゴム類、金属については劣化が早まったり、さびが発生する場合がありますのでご注意ください。
  5. 食品洗浄への適用
    オゾンは食品添加物(既存添加物)として認められていますので、野菜などの鮮度保持や解凍などの洗浄水としてご使用いただけます。なお、食材の除菌については「大量調理施設衛生管理マニュアル(厚生労働省通知)」等に従い、オゾン水はすすぎなどで補助的に使用することをお勧めします。
  6. オゾン水と洗剤との反応生成物試験
    オゾン水と厨房で一般的に使用されている洗剤などとの反応による有毒ガス発生の有無について実験を行い、問題が無いことを確認しています。ただし、すべての洗剤等との反応試験を行ったわけではありませんのでご注意ください。
発生ガス NOx Cl2 SOx
環境基準 0.06ppm 0.005ppm以下 0.005ppm以下

 

漂白剤 0.015ppm 0.005ppm以下 0.005ppm以下
アルコール系洗剤 0.008ppm 0.005ppm以下 0.005ppm以下
合成洗剤 0.015ppm 0.005ppm以下 0.005ppm以下

(豊田中央研究所分析)

 

 

組み合わせて使えば可能性は更に広がる

有害菌の増加を防ぐには

grease_trap_300-200pix
economic_pro_200-300pix
pip_air_200-300pix
previous arrow
next arrow

「外から持ち込まれた有害菌が増加しないようにするにはどうしたらいいのか」と思った方は 有害菌が生きていけない環境を作り出すクライサル社製品の詳細をこちらから ご覧ください。

 

予防消毒プログラム

汚染されてから対応、ではなく効率的に衛生管理をするには?日々の洗浄に人の負担を減らしても確実に作業遂行が出来るプログラムを実行することです。

クライサル社製品とオゾン水/オゾンエアー生成機を用いて 衛生管理精度が飛躍的に向上するRe-Bornプログラムの詳細はこちらから

オゾン水/オゾンエアー生成機紙面印刷用資料